2021.5.8 15:19

阪神、D1位・佐藤輝の適時打で先制 打点でリーグ単独トップに躍り出る

阪神、D1位・佐藤輝の適時打で先制 打点でリーグ単独トップに躍り出る

特集:
佐藤輝明
2021新人情報
4回、先制中適時打を放つ阪神・佐藤輝=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)

4回、先制中適時打を放つ阪神・佐藤輝=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA-阪神、8回戦、8日、横浜)虎の若き4番が試合を動かした。0-0で迎えた四回2死三塁で、D1位・佐藤輝(近大)がロメロの151キロを捉え、中前適時打で先制に成功した。2試合連続で4番に座る黄金ルーキーは「先制のチャンスの場面だったので、いいところでしっかり打つことができてよかったです」と胸を張った。この時点で今季27打点目とし、セ・リーグ単独トップに躍り出た。

 続くサンズも左前打で続き、なおも一、二塁と好機を拡大したが、阪神の新外国人、ロハス(前韓国KT)の第2打席は中飛に終わった。

試合結果へプロ野球日程へ