2021.5.7 05:02(1/2ページ)

ヤクルト・サンタナの勝負飯はTKG 山田哲&村上のオススメ気に入った!

ヤクルト・サンタナの勝負飯はTKG 山田哲&村上のオススメ気に入った!

特集:
山田哲人
サンタナ(右)は神宮外苑で行われた練習に参加し、オスナ(左)、サイスニードと談笑する場面もあった (撮影・福島範和)

サンタナ(右)は神宮外苑で行われた練習に参加し、オスナ(左)、サイスニードと談笑する場面もあった (撮影・福島範和)【拡大】

その他の写真(1/3枚)

 ヤクルトの新外国人、ドミンゴ・サンタナ外野手(28)=前インディアンス=が6日、本紙のインタビューにオンラインで応じた。今季は10試合の出場で打率・212、3本塁打、4打点。2日のDeNA戦(横浜)で来日初の猛打賞(1試合3安打以上)を記録するなど状態は上向きだ。山田哲人内野手(28)と村上宗隆内野手(21)に勧められた日本の“勝負飯”やマリナーズ時代の同僚、イチローさん(47)に授かった金言などを明かした。(取材構成・赤尾裕希)

 --4月23日の1軍昇格後、最初の5試合は16打数2安打と苦しんだ

 「最初の試合からいい内容の打席もあって、よく捉えたボールもいくつかあったから、徐々に安打になるだろうと思っていた。(パイレーツからヤクルトに加入した)オスナの活躍も刺激になるし、同じ異国で野球に挑戦する仲間なので、彼が成功するのは素直にうれしい」

 --4月3日の来日から1カ月が経過。今月2日には来日初の3安打を放った。日本での生活には慣れてきた

 「とても慣れてきたよ。特に食事。日本食はとてもおいしい。日本はお米がおいしいし、おすしも気に入っていてサーモンとマグロが好き。覚えた日本語は『コンニチハ』『ゲンキデスカ』『ハイ』だね」

 --スワローズに加入しての印象は

 「僕はユーモアがあるのが好きなんだけど、みんなとても面白い。プロフェッショナルだから、練習や試合では割り切って集中しているから、すごくいい雰囲気のチームだね」

 --チーム内でユーモアのある人は

 「山崎に塩見、村上は面白い。オスナとも仲がいいので、2人で笑い話をするよ。あと、田口も楽しい選手の一人だね」

 --攻撃の要である山田や村上とは、どんな話をするか

 「打撃に関してではないけど、一つ思い出になったことがある。ある試合後の夕食時に、山田と村上が卵かけご飯を食べていたんだ。母国(ドミニカ共和国)では生卵を食べる習慣が全くなくて抵抗があったんだけど、2人から『“ジャパニーズパワー”の源だ』って勧められたから、『僕もこれでパワーがつくなら食べてみよう』と思ってトライしたよ」

【続きを読む】