2021.5.5 13:57

西武・栗山が3試合連続適時打となる先制タイムリー

西武・栗山が3試合連続適時打となる先制タイムリー

1回、中適時打を放つ西武・栗山 =メットライフドーム(撮影・長尾みなみ)

1回、中適時打を放つ西武・栗山 =メットライフドーム(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 (パ・リーグ、西武ーオリックス、9回戦、5日、メットライフ)西武・栗山巧外野手(37)が3試合連続の適時打を放った。一回2死一、三塁。2ストライクと追い込まれながら、オリックス・山本の153キロの直球を中前に運び、「ランナーを還すことができて良かった」と納得の表情で振り返った。

 通算2000安打まで残り74本で迎えたプロ20年目の今季。3月31日に下肢の張りで出場選手登録を外れたが、4月20日に1軍復帰し、徐々に調子を上げてきた。 

試合結果へプロ野球日程へ