2021.5.5 11:23

投手歴3年の西武・松岡が1軍昇格 傷だらけの投手陣の救世主となるか!?

投手歴3年の西武・松岡が1軍昇格 傷だらけの投手陣の救世主となるか!?

 西武・松岡洸希投手(20)が5日、出場選手登録された。代わって4日のオリックス戦に先発し、4回3失点だった上間永遠投手(20)が抹消された。

 松岡は2020年ドラフト3位でBCリーグ・武蔵から入団。新人の昨季は2試合に登板し、0勝0敗、防御率13・50だった。同投手は桶川西高(埼玉)3年春から投手を兼任。投手歴わずか3年の右サイドスローで、未知のポテンシャルを秘めている。

 この日の早朝に1軍昇格を伝えられた松岡は「昨年も1軍を経験しましたが、今年もやっぱり昇格を告げられた瞬間は緊張感がありました。ファームでは、しっかり腕を振って自分のピッチングができていたので、1軍でも同じように自分本来の投球がしたい」と話した。

 西武が3度の救援失敗など不振の守護神・増田が4日に2軍降格。同日のオリックス戦で九回のマウンドに上がったギャレットが吉田正の打球を左膝内側に受けて、緊急降板していた。救援陣が手薄な状況下で、松岡の1軍昇格となった。

プロ野球日程へ