2021.5.5 11:22

【一問一答】ソフトバンク・平石打撃コーチは好調の柳田に「勝負できる状態」

【一問一答】

ソフトバンク・平石打撃コーチは好調の柳田に「勝負できる状態」

試合前の代表取材に応じるソフトバンク平石打撃コーチ(中央)

試合前の代表取材に応じるソフトバンク平石打撃コーチ(中央)【拡大】

 (パ・リーグ、ソフトバンク-楽天、8回戦、5日、ペイペイドーム)ソフトバンク・平石洋介打撃コーチ(41)が試合前に代表取材に応じた。主な一問一答は以下の通り。

 --柳田の状態が上がってきた

 「ギータ(柳田)の場合は体から手が離れなくなったのが一番。こないだまでは率もホームランも出ていなかったし、多分、そういうところから自然と力んだり。ギータはもともと、体に近いというか、(腕が)体の中におさまっているところがある。そこに気づいてくれた。それからずっと勝負できる状態だと思っています」

 --キャンプはアキレス腱の状態もあった

 「もちろん開幕に間に合わせて、ぶっつけ的なところもあった。疲労もしばらくすると、必ず一回ガクっとくるので。そこからもう一回上げるまでに時間もギータの場合はなかったので。(今宮)健太もそうですけど。2人にはそういうことがあるから慌てるなよという話はしていたので。今はバランスよく振れているんじゃないかなと思いますけど」

 --きのうは中村晃も本塁打

 「きのうは、その前のこっちのファウル(一塁側)になった。人によっては左打者がその辺にファウルを打つのはよくないという人もいるんですけど。でも晃の場合はそういうファウルになって、きのうに関してはインコースに関してはいつでも(バットを)出せるくらいの雰囲気があった。あとはタイミングだけだと思いますよ。全体としてはしっかり上がってきているので。タイミング負けしなければ大丈夫だと思いますけど」