2021.5.5 15:53

オリックス・山本、6回1/3を5失点 プロ入り後ワーストの被安打10本で降板

オリックス・山本、6回1/3を5失点 プロ入り後ワーストの被安打10本で降板

7回途中での降板となったオリックス・山本=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)

7回途中での降板となったオリックス・山本=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 (パ・リーグ、西武-オリックス、9回戦、5日、メットライフ)オリックス・山本由伸投手(22)が西武戦に先発し、6回1/3を5失点で降板。自身ワーストとなる10本の被安打を許した。

 五回まで毎回走者を背負い、3失点。六回はこの試合初めて三者凡退に仕留めたが、七回に1死一塁から源田に左中間へ適時三塁打を浴び、降板。プロ通算104試合目にして、初の2桁被安打となった。

 2番手のK-鈴木が森に4号2ランを許し、山本は5失点。勝てばハーラートップタイの4勝目だったが、悔しい結果となった。

試合速報へプロ野球日程へ