2021.5.4 07:30

【若さんのツバ目線】両先発の投球内容が鍵!虎打線を混乱させろ

【若さんのツバ目線】

両先発の投球内容が鍵!虎打線を混乱させろ

 ヤクルトは首位の阪神、2位の巨人を倒さなければ、上位に浮上することは難しい。特に開幕から5戦5敗している阪神との2連戦(神宮)は前半戦のキーポイントになる可能性がある。

 両軍がほぼベストメンバーでぶつかるからだ。過去5戦と違いヤクルトはサンタナ、オスナの新外国人コンビが打線に加わった。打線の構成は両軍とも似ている。1、2番を出塁させて3-7番に座る中軸の長打を絡めた攻撃で1イニング複数得点を狙うパターンだ。阪神は西勇、青柳と好投手が先発予定だけに、ヤクルトは田口、奥川の投球内容が勝負の分かれ目となる可能性が高い。

 先頭を出塁させない、長打のある打者の前に走者をためないという鉄則は当然、必須になってくる。さらに、阪神打線を迷わせる、混乱させるような配球も必要になってくるだろう。それだけ、今の阪神打線は成熟している。田口、奥川-中村バッテリーには警戒心を高めつつ、果敢に腕を振ってほしい。 (本紙専属評論家)