2021.5.4 15:48

堀内恒夫氏、コーチ兼任の能見を評価「自分に自信がないとやれない」

堀内恒夫氏、コーチ兼任の能見を評価「自分に自信がないとやれない」

堀内恒夫氏 

堀内恒夫氏 【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス5-4ソフトバンク、9回戦、オリックス5勝4敗、2日、京セラ)オリックスの能見が阪神からの移籍後初セーブを挙げた。5-4の九回に登板。先頭の真砂に中前打を許し、犠打で1死二塁とされたが、デスパイネ、川島をともに内野ゴロに仕留めた。

 元巨人監督の堀内恒夫氏(73)は3日、自身のブログで今季から投手コーチを兼任する能見について、「彼は、選手兼コーチで入団したと思うけど俺も経験があるんだけどね ブルペンを任されると兼任とは言えどうしても自分の現役生活に重点はおけない」と指摘。平野佳やヒギンスが負傷離脱したチーム事情で、重責が回ってきたことには「今はオリックスのチーム事情もあってピッチャー・能見に重点を置いて動けるみたいだけれどもそれにしたって素晴らしいね」と評価し、「現役でやり続けるってことはやっぱり自分に自信がないとやれないよ。能見くん怪我に気をつけて! 次も楽しみにしていますよ」とエールを送っていた。