2021.5.3 22:33

巨人、九回に4投手継投で逃げ切る セーブの高梨「チームにとっても大きい」

巨人、九回に4投手継投で逃げ切る セーブの高梨「チームにとっても大きい」

勝利し炭谷とグータッチする巨人・高梨=マツダスタジアム(撮影・桐原正道)

勝利し炭谷とグータッチする巨人・高梨=マツダスタジアム(撮影・桐原正道)【拡大】

その他の写真(1/7枚)

 (セ・リーグ、広島2-3巨人、7回戦、広島4勝3敗、3日、マツダ)巨人は3-2の九回に4投手の継投で1点差を守り切った。八回から投げた中川が九回に1死を奪うと、ビエイラを投入。連打を浴びると桜井に代えた。さらに2死満塁で左打者の代打田中広に対しては高梨を使い、逃げ切った。

 高梨は今季初セーブを挙げ「何とか勝ち切れたというのは、僕だけじゃなくて、チームにとっても大きい」と安堵の表情。今季は延長戦がないため、救援陣を総動員するケースが目立つ。貴重な左の横手投げとして「接戦になったときはつぎ込むことができる。準備の回数などは(例年と)違うかな」と実感していた。

試合結果へプロ野球日程へ