2021.5.3 22:15

広島のD1位・栗林がデビューから13試合連続無失点 新人記録更新に王手

広島のD1位・栗林がデビューから13試合連続無失点 新人記録更新に王手

特集:
2021新人情報
9回、力投する広島・栗林=マツダスタジアム(撮影・桐原正道)

9回、力投する広島・栗林=マツダスタジアム(撮影・桐原正道)【拡大】

 (セ・リーグ、広島2-3巨人、7回戦、広島4勝3敗、3日、マツダ)広島のドラフト1位・栗林良吏投手投手(24)=トヨタ自動車=がデビューから13試合連続無失点とし、2年ぶりの新人記録更新へ「1」と迫った。

 プロ入り後初のビハインドの展開となる2-3の九回にマウンドへ。9日ぶりの登板だったが、先頭・スモークをフォークで空振り三振に斬った。続くウィーラーを遊ゴロ、若林を一ゴロに仕留め、わずか11球で打者3人を料理した。

 自身のセ・リーグ記録を「13」に伸ばし、2019年にソフトバンク・甲斐野が打ち立てた新人記録に並んだ。球団では2003年の永川(現投手コーチ)以来の「新人守護神」は開幕2戦目の3月27日の中日戦(マツダ)でプロ野球史上5人目の初登板セーブを挙げると“ミスターゼロ”のまま突っ走っている。

 春季キャンプ中の練習試合、オープン戦を含め対外試合は20イニング連続無失点といまだ1点も取られていない。早ければ4日の巨人戦(マツダ)で新人記録を塗り替える可能性がある。

試合結果へプロ野球日程へ