2021.5.3 21:38

広島は鈴木誠の2ランが空砲 5連敗でV確率は0%に…

広島は鈴木誠の2ランが空砲 5連敗でV確率は0%に…

3回、逆転の2点本塁打を放つ広島・鈴木誠=マツダスタジアム(撮影・中島信生)

3回、逆転の2点本塁打を放つ広島・鈴木誠=マツダスタジアム(撮影・中島信生)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 (セ・リーグ、広島2-3巨人、7回戦、広島4勝3敗、3日、マツダ)広島は1点を追う九回2死満塁。一打逆転サヨナラの場面で代打・田中広が6番手・高梨の前に二ゴロに倒れて、ジ・エンド。逆転負けを喫してしまった。

 試合の主導権を握ったのは広島だった。0ー1の三回、鈴木誠が畠から7号逆転2ランを放ち、悠々とダイヤモンドを一周した。

 「森下ががんばって投げているので、逆転につながるホームランになってよかった。しっかりとらえることができた」

 今季は開幕こそ出遅れたが、試合前時点で打率・321、6本塁打、14打点。主砲の一打でペースを握ったが、防御率リーグトップの1・80でマウンドに上がった先発の森下が誤算だった。

 一回1死から坂本に先制ソロを浴びたものの、二回から五回までわずか1安打に抑えた。しかし1点リードで迎えた六回2死で“元広島の主砲”丸に同点ソロを許した。七回には先頭・ウィーラーに勝ち越しのソロを浴び、天を仰いだ。

 結局、失点は森下の3被弾のみで、5連敗。過去9度のリーグ優勝で、最大逆転は1991年の7・5ゲーム差。これで試合のなかった首位・阪神とは8差。コイの季節にデッドラインを越えてしまった。

試合結果へプロ野球日程へ