2021.5.3 20:05

広島・鈴木誠が7号逆転2ラン「しっかり捉えることができた」

広島・鈴木誠が7号逆転2ラン「しっかり捉えることができた」

3回、逆転の2点本塁打を放つ広島・鈴木誠=マツダスタジアム(撮影・中島信生)

3回、逆転の2点本塁打を放つ広島・鈴木誠=マツダスタジアム(撮影・中島信生)【拡大】

 (セ・リーグ、広島-巨人、3日、マツダ)広島の鈴木誠が4月24日以来、7試合ぶりの7号2ランを放った。0-1の三回2死二塁で、2ボールから畠の真ん中に入ったスライダーを強く振り抜き、ライナー性の打球を左越えへ運んだ。「しっかり捉えることができた」と手応えを語った。

 一回には中前打を放ち、今季10度目の複数安打をマーク。6試合連続安打で連続試合出塁を15に伸ばした。

 4月24日の巨人戦で通算150本塁打を達成した。球団では江藤に次ぐ若さで節目に到達し、「これからもいいところで打てるように、チームの勝利に少しでも貢献できるように頑張っていきたい」と気持ちを新たにした。26歳で球界を代表するスラッガーとして、広島打線をけん引している。

試合結果へプロ野球日程へ