2021.5.3 21:18

オリックス・宗がランニング本塁打 自身2本目、勝負強さ光る

オリックス・宗がランニング本塁打 自身2本目、勝負強さ光る

8回、宗(左下)のランニングホームランに大喜びの(右から)オリックス・安達、中川=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)

8回、宗(左下)のランニングホームランに大喜びの(右から)オリックス・安達、中川=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)【拡大】

 (パ・リーグ、西武3-6オリックス、7回戦、オリックス5勝2敗、3日、メットライフ)オリックスの宗が昨年7月25日以来自身2本目で、今季両リーグ初のランニング本塁打をマークした。1点差に追い上げられた直後の八回2死二、三塁で森脇から中堅へライナー性の打球を放つと、前進して飛びついた中堅手が捕球し損ね、打球が転々とする間に一気に生還。「必死に食らい付いていった。抜けたのは一塁ベースくらいで分かっていたので、全力で走った」と喜んだ。

 神奈川・横浜隼人高から2015年にドラフト2位で入団して7年目。今季は4月30日のソフトバンク戦で初のサヨナラ打となる逆転の2点二塁打を放つなど、俊足に加え、勝負強さが光っている。

試合結果へプロ野球日程へ