2021.5.2 23:24

大谷翔平、走る! 「4盗塁&先発3試合」2度達成はベーブ・ルース以来

大谷翔平、走る! 「4盗塁&先発3試合」2度達成はベーブ・ルース以来

特集:
大谷翔平
マリナーズ戦の1回、二盗を決めるエンゼルス・大谷=シアトル(共同)

マリナーズ戦の1回、二盗を決めるエンゼルス・大谷=シアトル(共同)【拡大】

その他の写真(1/3枚)

 【シアトル(米ワシントン州)1日(日本時間2日)=丹羽政善通信員】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(26)はマリナーズ戦に「2番・DH」で出場し、4打数無安打1打点だった。試合は10-5で勝利。大谷は一回には今季4盗塁目となる二盗に成功。試合前にマ軍のイチロー会長付特別補佐兼インストラクター(47)と談笑した大谷は3日(日本時間4日)のレイズ戦の先発登板に備え、ブルペンで24球を投げた。

 大谷がこの日は足で魅了した。一回1死から四球で出塁。すかさずチームトップとなる今季4個目の盗塁を成功させ、トラウトの先制2ランを呼び込んだ。

 球団広報のツイッターによれば、4盗塁以上&先発登板3試合以上のシーズンを2度記録したのは、1918年と1919年のベーブ・ルース以来。大谷は2018年には投手として10試合に先発し、10盗塁を記録していた。二回には1死二、三塁から一ゴロで打点をマーク。5打席で快音こそ聞かれなかったが、内容は悪くなかった。

 試合前にはブルペンに入って3日(日本時間4日)の先発登板に備えた。前回4月26日(同27日)の登板で再び右手中指にまめができたが、マドン監督は「問題ないと聞いている」と話し、予定通りに先発させる。登板前日の2日(3日)も休養させず、出場が決定。登板日に打席に入るかは「2日の試合後に話し合う」と説明した。

 大谷はブルペン後にマリナーズ会長付特別補佐のイチロー氏を見つけてあいさつし、談笑する場面があった。同氏は4月まではマイナー選手を中心とした控えグループの練習をサポートしていた。笑顔でグータッチし、大谷はバットを振るジェスチャーをするなど、レジェンドとの再会に刺激を受けたようだ。

試合結果へ打撃成績へ投手成績へ