2021.4.23 05:01

阪神・ロハス、初守備魅せた 2軍戦に「3番・左翼」で先発

阪神・ロハス、初守備魅せた 2軍戦に「3番・左翼」で先発

二回に左飛をキャッチするロハス。軽快な守備を見せた(代表撮影)

二回に左飛をキャッチするロハス。軽快な守備を見せた(代表撮影)【拡大】

 阪神の新外国人、メル・ロハス・ジュニア外野手(30)=前韓国KT=が22日、ウエスタン・ソフトバンク戦(鳴尾浜)に「3番・左翼」で出場。来日2戦目で初の守備に就き、軽快な動きを見せた。打撃では1打数無安打1四球。試合は2-8で敗れた。

 春の日差しの下で、順調な調整ぶりをアピールした。ロハスが来日後、初の実戦守備。無難に4度、打球を処理した。

 「思っていたよりも体が動いていたので感触もよかった。コンディション的にもいいので、いい準備ができてきている」

 左翼に就くと、二回は上林の安打と、野村の飛球をキャッチした。五回は三森と佐藤直の左翼線への打球。いずれもフェンス際のクッションボールを難なく処理した。

 打撃では一回2死で武田の145キロに二ゴロ。四回はストレートの四球を選んだ。「ボールを見たいというのが一番。初球から打って、ホームランになっても、ボールを1球しか見れない」。

 2試合を終え「もっと体を絞った方がいいかなと思っていたけど、思ったより動けている」という。公式体重は102キロだが、それを感じさせない動きに、平田2軍監督は「まだ完璧ではないと言っていたけど。足も遅いという感じもない。センスを感じる」と目を細めた。

 「ボールを見ることで準備がどんどん進んでいく。たくさんピッチャーのボールを見ていきたい」とロハス。試合の中で感覚を研ぎ澄ませていく。(菊地峻太朗)