2021.4.23 05:00

阪神・梅野、打球直撃で途中交代 井上ヘッド「当たり所があまりよくなかった」

阪神・梅野、打球直撃で途中交代 井上ヘッド「当たり所があまりよくなかった」

特集:
井上広大
梅野隆太郎
一回、梶谷のファウルチップが左膝付近に当たり、痛がる梅野

一回、梶谷のファウルチップが左膝付近に当たり、痛がる梅野【拡大】

 (セ・リーグ、巨人8-3阪神、6回戦、3勝3敗、22日、東京D)阪神・梅野隆太郎捕手(29)が22日、巨人戦(東京ドーム)で途中交代した。一回の守備の際に、梶谷のファウルチップが左膝を直撃。直後の二回の1打席目は四球を選んだが、1-6の三回2死一、二塁で代打が送られた。

 井上ヘッドコーチは詳細は明かさなかったが「当たり所があまりよくなかった。シーズンは長いし、2番手、3番手も控えているので交代して大事を取った」と説明した。梅野はここまで全22試合で先発マスクをかぶり18試合でフル出場。打率・246、0本塁打、9打点で得点圏打率・643を誇っているだけに、状態が心配される。

試合結果へプロ野球日程へ