2021.4.16 23:02

日本ハム・栗山監督「心配な選手はいっぱいいる」打線不振で計14三振

日本ハム・栗山監督「心配な選手はいっぱいいる」打線不振で計14三振

1回、近藤の犠飛で先制の生還を果たす西川を出迎える日本ハム・栗山監督=東京ドーム(撮影・田村亮介)

1回、近藤の犠飛で先制の生還を果たす西川を出迎える日本ハム・栗山監督=東京ドーム(撮影・田村亮介)【拡大】

 (パ・リーグ、日本ハム1-4楽天、4回戦、楽天3勝1敗、16日、東京D)日本ハムは打線の不振が深刻だ。一回に犠飛で1点を先行したものの、五回以降は無安打に終わり、計14三振。特に4番打者の中田は3試合連続無安打と元気がなく、栗山監督は「心配な選手はいっぱいいる。みんなでやるしかない」と悩ましげに話した。

 17日は楽天に復帰後初登板する田中将が相手となる。栗山監督は「何かをきっかけに勢いをつけないといけない。そういう試合にしたい」と悲愴感を漂わせた。

近藤(一回に犠飛)「最低限の仕事はできた。いい形でチャンスをつくってくれた」

試合結果へプロ野球日程へ