2021.4.13 19:46

侍J・稲葉監督、視察スタート 先発候補として広島・森下に注目

侍J・稲葉監督、視察スタート 先発候補として広島・森下に注目

特集:
侍ジャパン
視察に訪れた侍ジャパン・稲葉篤紀監督(中央)=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

視察に訪れた侍ジャパン・稲葉篤紀監督(中央)=甲子園球場(撮影・水島啓輔)【拡大】

 日本代表の稲葉監督が13日、甲子園球場を訪れ、東京五輪に向けた代表候補選手の視察をスタートさせた。阪神-広島は雨天中止となり、広島の先発予定だった2年目の森下の投球を直接見ることはできなかったが「ああいう整った選手はジャパンに必要。自分で崩れることがない」と高く評価した。

 ソフトバンクの千賀が左足首の靱帯を痛めて五輪の出場は不透明。先発候補は多く必要で「今後もしっかり見ていく」と森下に期待を寄せた。打撃フォームを変えた4番候補の広島の鈴木誠には「もっと上を目指している。しっくりくれば大爆発すると思う」と改めて信頼を口にした。

 男子ゴルフの松山がマスターズ・トーナメントで優勝したことには「いろいろな重圧がある中で1位を取る。野球も五輪を取ってという気持ち」と刺激を受けた様子だった。