2021.4.13 22:31

西武、投打ともに元気なし 辻監督、先発の松本に「ちょっと残念」

西武、投打ともに元気なし 辻監督、先発の松本に「ちょっと残念」

6回、無死満塁のピンチを招いた場面で降板となった西武・松本(中)=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)

6回、無死満塁のピンチを招いた場面で降板となった西武・松本(中)=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)【拡大】

 (パ・リーグ、西武2-3日本ハム、3回戦、1勝1敗1分、13日、メットライフ)西武は投打ともに元気なく接戦を落とした。先発の松本は1-0の六回、先頭打者にこの試合初の安打を浴びると2四死球を与えて無死満塁のピンチを招いて降板。辻監督は「ちょっと残念。割り切りができないのか、一生懸命投げ過ぎてああなるのか」と首をかしげた。

 打線も迫力がなく、池田を打ち崩すことができなかった。「なかなかつながらなかった」と話すしかなかった。

松本(六回途中まで投げて3失点)「ずるずるいってしまったところが一番の反省点」

試合結果へプロ野球日程へ