2021.4.13 16:55

【入団会見一問一答】ソフトバンク・マルティネス「本当、グレートな気持ち」

【入団会見一問一答】

ソフトバンク・マルティネス「本当、グレートな気持ち」

王球団会長と握手するソフトバンクのマルティネス

王球団会長と握手するソフトバンクのマルティネス【拡大】

その他の写真(1/3枚)

 ソフトバンクのニック・マルティネス投手(30)が13日、ペイペイドーム内で入団会見を行った。日本ハム時代の2018年にはシーズン10勝も挙げた右腕。主な一問一答は以下の通り。

 --新型コロナウイルスの影響でなかなか開催できなかった会見。今の気持ちは

 「日本にもなかなかこられなかった。キャンプにも参加できなかったですけど、自分としてはベストな状態という気持ちを保てるようにアメリカで調整していた。これからは1日でも早くチームの力になれるように、毎日毎日努力していきたいと思います」

 --アメリカではどんな調整を

 「練習としては基本、毎日やっていた。後半の方、キャンプの時期くらいになってからはシート打撃とか、打者に投げる練習もしていた。最終的には4回、5回くらいの球数も投げていたので。日本にきたときに最初からやり直すわけにはいかないので。少しでもいい状態を保って練習をしていました」

 --入団が決まったときの気持ち

 「本当、グレートな気持ち。4年連続日本一になっているチームに入れたという喜びと。自分のベストな力を出して、もっともっと連覇が続くように貢献できるように、頑張っていくだけです」

 --やりがいも大きいのでは

 「5年連続日本一に向けて、自分もその一員となって戦っていければと思います」

 --きょうは選手たちとどんなコミュニケーションを

 「実際に会うのは初めて。今までは対戦相手として面識というか。チームメートとして会うのは初めてだったので、初めましてというあいさつです」

 --松田はマルちゃんと呼んでいたが

 「もともと、話したこともあった。(日本ハムの)鶴岡捕手と松田選手が仲がいいので、今まで球場で会ったときも話したことがあった。自分のニックネームはマルちゃんとみんなにも知ってほしいので。そういうので、マルちゃんと大きい声で呼んでくれたと思います」