2021.4.13 21:53

巨人・サンチェスが無安打投球「今年はアジャストできている」

巨人・サンチェスが無安打投球「今年はアジャストできている」

お立ち台 巨人のサンチェスと広岡=東京ドーム (撮影・中井誠)

お立ち台 巨人のサンチェスと広岡=東京ドーム (撮影・中井誠)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 (セ・リーグ、巨人2-1中日、4回戦、巨人2勝1敗1分、13日、東京D)巨人のサンチェスが7回1/3を投げ、5四死球を出しながらも無安打の好投を見せた。二回に平田の二ゴロの間に1点を失ったが、七回を3者連続三振で切り抜けるなど尻上がりに調子を上げた。今季3試合目での初勝利に「自分のベストを尽くして、球を低めに集めることを意識した」と納得の表情だった。

 来日1年目の昨季は8勝を挙げ、今季は6連戦が始まる火曜日の先発を任されている。白星の上積みが求められる中で「1年目は新しいことに直面することが多かったが、今年はアジャストできている」と自信をのぞかせた。

試合結果へプロ野球日程へ