2021.4.13 15:57

中日の“ダブル”マルティネスが今季初昇格

中日の“ダブル”マルティネスが今季初昇格

 中日のライデル・マルティネス投手(24)、アリエル・マルティネス捕手(24)が13日、今季初めて1軍に昇格した。

 2人はキューバ国内リーグに参加していたことなどから2月21日に来日。すぐに2週間の自主隔離期間に入ったため春季キャンプには参加できず、隔離期間が明けたあとはナゴヤ球場などで体を動かしてきた。

 R・マルティネスは今季初実戦となった今月7日の阪神戦(鳴尾浜)、中2日で臨んだ10日のオリックス戦(ナゴヤ球場)でともに1回無失点。守護神として昨季は21セーブを挙げてタイトル争いも演じた頼もしい右腕が、開幕から3週間弱で好調な救援陣に加わる。

 A・マルティネスも9日からのオリックス戦(同)で実戦をこなし、3試合で打率・714(7打数5安打)、1本塁打、2打点と絶好調。8日にビシエドが上肢のコンディショニング不良により離脱となったなか、打線に活気をもたらす存在として期待がかかる。

プロ野球日程へ