2021.4.11 18:42

日本ハム、3連勝はお預け 抑えの杉浦温存が裏目、栗山監督「使わないと決めていた」

日本ハム、3連勝はお預け 抑えの杉浦温存が裏目、栗山監督「使わないと決めていた」

8回、本塁打を放った高浜(左)を迎える日本ハム・栗山監督=京セラドーム大阪(撮影・門井聡)

8回、本塁打を放った高浜(左)を迎える日本ハム・栗山監督=京セラドーム大阪(撮影・門井聡)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス4-4日本ハム=九回規定により引き分け、3回戦、日本ハム2勝1分、11日、京セラ)日本ハムは3点リードの九回に2番手の玉井が打たれて追い付かれ、今季初の3連勝はお預けとなった。2連投中だった抑えの杉浦を温存したことが裏目に出た栗山監督は「使わないと決めていたので。また明日からしっかりやっていきます」と淡々と話した。

 悔しい引き分けとなったが、郡がプロ初打点、高浜はプロ初本塁打をマークするなど2軍から上がってきたばかりの選手が存在感を示した。栗山監督は「ああやって必死になって野球をやる姿が一番大事」と話した。

試合結果へプロ野球日程へ