2021.4.9 12:47

大谷翔平、次回先発は13日以降に“延期” マドン監督「まめの影響」

大谷翔平、次回先発は13日以降に“延期” マドン監督「まめの影響」

ブルージェイズ戦の七回2死三塁、エンゼルスの大谷翔平は第4打席で右前に5-5となる同点適時打を放つ(撮影・山田結軌)

ブルージェイズ戦の七回2死三塁、エンゼルスの大谷翔平は第4打席で右前に5-5となる同点適時打を放つ(撮影・山田結軌)【拡大】

 (米大リーグ、ブルージェイズ5-7エンゼルス、8日=日本時間9日、フロリダ州ダンイーデン)エンゼルスの大谷翔平投手(26)は「2番・DH」で出場し、1点を追う七回2死三塁の第4打席で5-5となる同点の右前適時打を放つなど5打数1安打1打点だった。

 試合後、マドン監督は大谷の今季2度目の先発が、12日(同13日)以降になると公表。ローテーション通りなら、中6日となる11日(同12日)のブルージェイズ戦が見込まれていたが「まめの影響があり、週明けに状態を見極めてから」と具体的な登板日は明かさなかった。

 大谷はオープン戦最終登板となった3月29日(同30日)のドジャース戦で右手中指の皮がめくれ、2回1/3を投げ63球で降板していた。今季初先発した4日(同5日)のホワイトソックス戦(アナハイム)では、4回2/3を投げ、2安打3失点(自責点1)、5四球、7三振、92球だった。