2021.4.9 12:08

大谷翔平、痛烈な同点打 打球速度183キロ計測 エンゼルスが延長戦を制す

大谷翔平、痛烈な同点打 打球速度183キロ計測 エンゼルスが延長戦を制す

特集:
大谷翔平
ブルージェイズ戦の7回、右前に同点打を放つエンゼルス・大谷=ダンイーデン(共同)

ブルージェイズ戦の7回、右前に同点打を放つエンゼルス・大谷=ダンイーデン(共同)【拡大】

その他の写真(1/3枚)

 (米大リーグ、ブルージェイズ5-7エンゼルス、8日=日本時間9日、ダンイーデン)エンゼルスの大谷翔平投手(26)は「2番・DH」で先発出場し、5打数1安打1打点1四球で打率は.280となった。試合は延長十一回、フレッチャーの2点打で勝ち越し逃げ切った。

 敵地で行われたブルージェイズ戦で、相手先発は右腕ストリップリング。大谷は一回の第1打席は空振り三振、二回の第2打席は一直に倒れた。五回の第3打席は空振り三振。1点を追う七回2死三塁の第4打席で、3番手の右腕ロマノから右前に同点打を放った。痛烈なライナーで、打球速度は113・8マイル(約183キロ)を計測した。九回の第5打席は2死一塁で四球を選んだ。延長十一回、2死一塁で一ゴロだった。

 マドン監督は試合前時点で大谷の次回先発を明かしていないが、11日(日本時間12日午前2時7分開始)のブ軍戦が見込まれている。

試合速報へ