2021.4.8 21:15

阪神は今季2度目の完封負けで、巨人に3連勝ならず 最後は佐藤輝が空振り三振

阪神は今季2度目の完封負けで、巨人に3連勝ならず 最後は佐藤輝が空振り三振

特集:
佐藤輝明
9回、三振に倒れた阪神・佐藤輝=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

9回、三振に倒れた阪神・佐藤輝=甲子園球場(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神0-3巨人、3回戦、阪神2勝1敗、8日、甲子園)阪神は0-3で今季2度目の完封負け。甲子園開幕カードでの巨人戦3連勝を逃した。先発した秋山は一回1死から坂本に今季1号の中越えソロで先制を許し、四回は1死二、三塁から吉川を申告敬遠で塁を埋め、炭谷の中犠飛で追加点をあげられた。秋山は6回6安打10奪三振で2失点と試合を作ったが、打線の援護がなく今季初黒星を喫した。

 打線は五回まで先発・高橋の前にノーヒットと沈黙。六回1死から近本がこの日初安打となる右前打を放ったが後が続かず、0-2の八回1死二、三塁の好機は陽川、糸原が凡退した。小野がソロ本塁打を浴びた直後の九回は2死二塁からD1位・佐藤輝(近大)が空振り三振に倒れてゲームセットとなった。

試合結果へプロ野球日程へ