2021.4.8 05:03(2/2ページ)

阪神D2位・伊藤将、虎4連勝導いたG斬りプロ1勝!輝とともに輝く“光投息子”や

阪神D2位・伊藤将、虎4連勝導いたG斬りプロ1勝!輝とともに輝く“光投息子”や

矢野監督(左)からねぎらわれ、白い歯がこぼれる。これからも活躍してや~!

矢野監督(左)からねぎらわれ、白い歯がこぼれる。これからも活躍してや~!【拡大】

その他の写真(2/2枚)

 大学ではより力を伝えやすくするために、右手を高く上げるフォームに変更した。それを見た岩井監督は「その投げ方のほうがしっくりくるんだろ? だったら自分の好きなようにやってみなさい」と言ってくれた。選手と向き合い、伸び伸びと育てる指導方法で才能が開花した。

 しかし、4年時にチェンジアップを覚えたことでフォームが崩れて左肘を故障。大けがには至らなかったが、その影響でドラフト会議では指名漏れを経験した。悔しさに打ちひしがれる左腕の尻をたたき、背中を押したのも監督だった。

 「けがをしてしまったのは、自分の責任。プロに行きたいのなら、都市対抗に東京都の第1代表で出場しなさい」

 その言葉を胸に大学でマスターできなかったチェンジアップを社会人になって磨き上げ、JR東日本で都市対抗に出場。恩師との約束を果たし、小学校から夢だったプロ入りの実現をした。

 将司という名前は、プロゴルファーの“ジャンボ尾崎”こと尾崎将司から、ゴルフ好きだった父に名付けられた。「ジャンボ尾崎さんに負けないぐらい有名になれるように頑張りたい」。初勝利を手にし、ようやくスタートラインに立った。これからジャンボをも超える球界を代表するスターへと成長する。(織原祥平)

伊藤 将司(いとう・まさし)

 1996(平成8)年5月8日生まれ、24歳。千葉県出身。横浜高では2年夏、3年春に甲子園出場。3年夏は県大会準決勝敗退。国際武道大に進み、1年秋から千葉県大学リーグで登板。大学通算24勝。2、3年時に大学日本代表に選出された。JR東日本では1年目から主に先発で登板。2021年D2位で阪神入団。今季は2試合に登板し、1勝0敗、防御率2・25。契約金7000万円、年俸1300万円。左投げ左打ち。178センチ、85キロ。背番号27。

試合結果へプロ野球日程へ