2021.4.8 17:10

楽天・石井監督「しっかりと段階を経て」マー君が15日ロッテ戦復帰登板へブルペン投球

楽天・石井監督「しっかりと段階を経て」マー君が15日ロッテ戦復帰登板へブルペン投球

特集:
田中将大
ブルペンに入り軽い投球を行った楽天・田中将=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)

ブルペンに入り軽い投球を行った楽天・田中将=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)【拡大】

 15日のロッテ戦(楽天生命パーク)での復帰登板が濃厚となっている楽天・田中将大投手(32)が8日、メットライフドームの一塁側ブルペンで捕手を座らせて33球の投球練習を行った。ノーワインドアップとセットポジションからスライダー、カーブなどの変化球も交えた。直球では捕手にミットの構えを高くするように指示し、2019年のヤンキース時代から多投するハイボールを投げ込んだ。

 石井一久監督(47)は「マウンドの傾斜を使って、強度を上げていくというステップとしては非常に順調に来ている」と評した上で、登板日については「必ずそこで投げなきゃいけないということはないので、しっかりと段階を経て、最終的な登板日を決めればいいと思う」と話した。

 当初、田中将は開幕2戦目となる3月27日の日本ハム戦(楽天生命パーク)で先発予定だったが、右足に違和感を訴えて同25日に仙台市内の病院で診察を受けた結果、「右ヒラメ筋損傷で実戦復帰まで3週を要する見込み」と診断されていた。