2021.4.8 13:03

日本ハム・斎藤、右肘故障から復帰目指し打撃投手「投げられる喜びを感じています」

日本ハム・斎藤、右肘故障から復帰目指し打撃投手「投げられる喜びを感じています」

日本ハム・斎藤佑樹投手

日本ハム・斎藤佑樹投手【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 PRP療法で右肘を治療した日本ハム・斎藤佑樹投手(32)が8日、千葉県鎌ケ谷市のファイターズタウン鎌ケ谷スタジアムで打撃投手を務め、治療後初めて打者へ投球して28球を投じた。打者との対戦形式でドラフト4位・細川(智弁和歌山高)、田宮、万波の3人に対して順番に投げ、打者7人に2安打(いずれも田宮の中前打)、1三振、内野ゴロ2、外野フライ2だった。

 直球を主体にカットボール、ツーシーム、フォーク、スライダーの変化球も投げた。最速は135キロで「いろいろなことを含めて投げられる喜びを感じています。出力が停滞していたのでバッターに投げて、上げたかった。(肘は)問題ないです」と振り返った。

 今後も打撃投手を続ける予定。入団10年目の昨季は初めて1軍戦登板なしだった。今季に向けて「早く1軍の試合に投げられるように頑張りたいです」と早期復帰を目指す。