2021.4.8 20:36

DeNA・D2位の牧が3号2ラン「最高の結果となりうれしい」

DeNA・D2位の牧が3号2ラン「最高の結果となりうれしい」

特集:
2021新人情報
6回、2点本塁打を放つDeNA・牧=バンテリンドームナゴヤ(撮影・甘利慈)

6回、2点本塁打を放つDeNA・牧=バンテリンドームナゴヤ(撮影・甘利慈)【拡大】

 (セ・リーグ、中日-DeNA、3回戦、8日、バンテリンD)DeNAのドラフト2位ルーキー牧が3号2ランを放った。0-1の六回2死一塁で松葉の初球のカーブを強振。完璧な当たりで左翼席へたたき込んだ。2試合ぶりのアーチに「後ろにつなぐ気持ちで打席に向かった。最高の結果となりうれしい」と笑みをこぼした。

 6日には球団通算8000号となるソロ本塁打を放っており、8001本目も自らのバットで生んだ。四回は左前打で4試合連続複数安打をマーク。新人ながら全試合で3番を任される重圧をものともせず、今季12試合のうち無安打は2試合だけで三浦監督も「打席ごとに進化している」と驚きを隠せない様子だ。

 牧は「自信を持って1打席目から入れている」と言う。上位浮上を狙うチームを堂々としたプレーで引っ張っている。

試合速報へプロ野球日程へ