2021.4.7 22:23(2/2ページ)

【指揮官一問一答】阪神は今季初の4連勝で首位堅持 矢野監督は「うちらしい野球ができた」

【指揮官一問一答】

阪神は今季初の4連勝で首位堅持 矢野監督は「うちらしい野球ができた」

特集:
矢野トーク
ウイニングボールを手に矢野監督(左)と記念写真におさまる阪神・伊藤将=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

ウイニングボールを手に矢野監督(左)と記念写真におさまる阪神・伊藤将=甲子園球場(撮影・水島啓輔)【拡大】

その他の写真(2/2枚)

■伊藤将の犠打も絶賛

 ーーバントを決めたのも大きい(四回1死一、二塁での犠打成功)

 「すっごい大きい。あの流れでやっぱり二、三塁になって、近本やったら内野安打でも、バッテリーミスでも1点というのはなるから。追い込まれたけどよく送ったし、流れの中でも大きなホントにバントやったなと思います」

 ーー糸原はずっとゲームを動かしている

 「頼もしいよね。引っ張っても押っつけてもいけるし、作戦をやってもね、決めてくれる」

■一点打法に幅を

 ーー大山に練習中に声をかけていたが

 「一点にボールを打ちにいくと、そこから曲がったり落としたり、していくわけで。一点でとらえるというよりは、その幅を持たせないとダメだから、打ちたいからこう、全部がこう一緒にまわっているというか。上と下って逆に回らないといけないんたけど、一緒になるから一点になっちゃう。そういうあたりを伝えた」

 ーー攻撃面ではいろいろな形を巨人に見せられた

 「特に変わったことをしているつもりはないし、そうやって結果に出れば言われることもあるけれど、やれるところでは走っているので、うちらしい野球ができたということで、ジャイアンツだからとか、今日の試合がよく走ったとか思っていない。うちにとっての当たり前というか、いけるところではどんどん行く」

■ヒットが気持ちを押す

 ーー佐藤輝は守備でいいプレーがあった(八回、大城の飛球を好捕)

 「難しい判断やしね。球際のところでもしっかり捕れたし。今日はラッキーなヒットも2本あったんで(四、五回に2本の内野安打)。シーズンに入ればどんな形であれヒットというのは気持ちを押してくれたりする。日々成長して欲しい選手なんで。きっかけをつかんでいってくれたらなと思います」

 ーー九回に石井大が久々に投げた

 「そういう部分が大きいね。今日の勝ちの中では。加治屋もいったん落ち着くと思うし、大智(石井大)も開幕2試合投げてから、投げさせるタイミングがなかったんで。今日のボールを見せてくれて、また抑え方の内容を見ても、いいところにいけるなというね。あいつ自身のバロメーターにもなった」

試合結果へプロ野球日程へ