2021.4.7 05:00

阪神・チェン、2軍戦で6回無失点「低めに集めてコントロールできていた」

阪神・チェン、2軍戦で6回無失点「低めに集めてコントロールできていた」

 阪神2軍は6日、ウエスタン・中日戦(鳴尾浜)に2-1で勝利した。先発のチェン・ウェイン投手(35)は6回2安打無失点と好投。打線は5安打ながら2年目の小野寺暖外野手(23)の適時打などで効率よく得点した。

 チェンは緩急を駆使し、6回を散発2安打に封じた。「低めに集めてコントロールできていたし、全体的によかった」。二回1死から二塁打を許して得点圏に走者を背負ったが、ゼロで切り抜けた。調整が遅れて開幕2軍スタートになったが、実戦を重ねるごとに調子が上向いている左腕について、平田2軍監督は「コントロールとか緩急のところで修正ができている」とうなずいた。