2021.4.7 20:45

ソフトB・笠谷、5回持たず 6四球に「リズムの悪い投球」

ソフトB・笠谷、5回持たず 6四球に「リズムの悪い投球」

5回、途中降板するソフトバンク・笠谷(中央)=札幌ドーム(撮影・三浦幸太郎)

5回、途中降板するソフトバンク・笠谷(中央)=札幌ドーム(撮影・三浦幸太郎)【拡大】

 (パ・リーグ、日本ハム-ソフトバンク、2回戦、7日、札幌ドーム)ソフトバンク・笠谷俊介投手(24)が先発登板したが、4回1/3を投げ2失点。6四球と踏ん張り切れなかった。

 「すごくリズムが悪い投球になってしまった。変化球がうまく制球できなかったことで、気持ち的に焦ってしまった。フォアボールは反省しないといけない。先制点を取ってもらったので、いい流れを作りたかったです」

 三回2死からは西川、渡辺、近藤と3者連続四球。最後は中田を二飛としたが、制球が安定しなかった。四回1死二塁では大田に一時逆転の1号2ランを浴びた。五回にも2四球で1死一、二塁としてしまったところでタオルが投げられた。2番手として津森がマウンドに上がった。

 6日の同戦では千賀が左足首の捻挫で、この日に登録抹消となった。先発陣の踏ん張りが求められる中だったが、期待に応えることはできなかった。

試合速報へプロ野球日程へ