2021.4.7 22:49

【指揮官一問一答】巨人・原監督「我慢、我慢」

【指揮官一問一答】

巨人・原監督「我慢、我慢」

4回 投手交代を告げる巨人・原監督=甲子園球場 (撮影・中井誠)

4回 投手交代を告げる巨人・原監督=甲子園球場 (撮影・中井誠)【拡大】

その他の写真(1/3枚)

 (セ・リーグ、阪神7-1巨人、2回戦、阪神2勝、7日、甲子園)巨人は7安打も1得点に終わり、投手陣は六回までに7失点。今季初の連敗となった一戦を原辰徳監督(62)が振り返った。

 --投打がかみ合わず

 「そうだね。なかなか主導権を握れないからね。展開としては良くないね。我慢、我慢」

 --打順を変えたが

 「まあ、ね。このメンバーで戦うしかないからね」

 --1番に固定していた梶谷を2番に

 「少し気分転換も含めてと思っているんだけど、打順は少しどういうものがあれするか。今はある種、チームとしては緊急事態でしょう。その中で、デンッとしているわけにはいかないし、やっぱり動く必要はあるでしょうね」

 --1番には広岡を起用したが、ある程度日替わりになるか

 「決め込むということは難しいということでしょうね」

 --岡本が19打席ぶりに安打

 「それはそういう位置づけの人ですからね」

 --先発の畠

 「畠はいいと思うけど、近本に、2打席目のストレート(4球続けて)の四球だよね。あれでかなり彼自身も(相手を)楽にさせちゃったね。それくらいかな。ボールそのものは悪くはないですよ」

 --大城を途中から一塁につかせた

 「そうですね。一番いい策を講じるというところ」

 --きょうは木村拓也さん(2010年にくも膜下出血で急逝した元内野守備走塁コーチ)の命日だった

 「そうですね。野球が大好きな人だったから、しっかり野球は見続けていてくれているでしょうね」

試合結果へプロ野球日程へ