2021.4.7 21:04

中日・勝野、要所締めて無失点「多少ですが、光が見えてすっきりした」

中日・勝野、要所締めて無失点「多少ですが、光が見えてすっきりした」

先発の中日・勝野=バンテリンドームナゴヤ(撮影・甘利慈)

先発の中日・勝野=バンテリンドームナゴヤ(撮影・甘利慈)【拡大】

 (セ・リーグ、中日3-1DeNA、2回戦、1勝1敗、7日、バンテリンD)中日の勝野は6安打を浴びて4四球を出し、毎回得点圏に走者を背負いながらも要所を締めて5回無失点にまとめた。球は高く、好調といえる内容ではなかったが何とか粘って試合をつくった。

 一回2死一、三塁は宮崎を一飛に、二回2死三塁も入江を三振に仕留めた。最大のピンチだった三回は2安打と四球で1死満塁を招いた。それでも強打者の宮崎に直球を打たせ、二ゴロ併殺打で切り抜けた。連続四球を与えた五回2死一、二塁も、前夜に満塁本塁打を放った神里を低めの変化球で空振り三振に仕留めた。

 今季はキャンプから調子が上がっていなかった勝野は「多少ですが、光が見えてすっきりした。リズムが悪く、毎イニング走者を出してしまったのでそこは反省したい」と話した。

試合結果へプロ野球日程へ