2021.4.5 16:32

日本ハム・栗山監督、大谷のリアル二刀流に「メジャーが彼の2つを認めてくれた日」

日本ハム・栗山監督、大谷のリアル二刀流に「メジャーが彼の2つを認めてくれた日」

大谷のバブルヘッドと写真におさまる栗山監督(球団提供)

大谷のバブルヘッドと写真におさまる栗山監督(球団提供)【拡大】

 日本ハム・栗山英樹監督(59)は5日、かつて指導した米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(26)が米国時間4日のホワイトソックス戦(アナハイム)に「2番・投手」で先発出場し、メジャーリーグ移籍後では初めて“リアル二刀流”を実現したことについて、オンラインで取材に応じた。

 「(エンゼルスの)マドン監督がそれを許してくれたという現実に対して、本当の意味でメジャーリーグが彼の2つを認めてくれた日。そのことには本音ですごくうれしい。さあ、ここからなんだろうなという感じがした」

 大谷が第1打席で初球のストレートを捉え、右中間席へ特大ソロ弾を放ったことには「あそこに初球、あの球が来るということも含めて偶然じゃない気がする」と述べた。大谷は日本ハム時代、栗山監督の下で5年間プレー。2016年には投手として10勝(4敗)、打者として打率・322、22本塁打をマークし、チームの日本一に貢献した。