2021.4.4 07:30(1/2ページ)

【虎のソナタ】巨人さん、こんないい選手をありがとう 甲子園で山本の元気な姿見てね!

【虎のソナタ】

巨人さん、こんないい選手をありがとう 甲子園で山本の元気な姿見てね!

特集:
虎のソナタ
お立ち台に上がった山本。ほんと、いい選手が入ってくれました(代表撮影)

お立ち台に上がった山本。ほんと、いい選手が入ってくれました(代表撮影)【拡大】

 ありがとう、巨人さん。こんないい選手を、よくぞ金銭トレードで譲ってくれたもんだ。

 0-0の引き分け目前の九回2死一、二塁からの中越え適時二塁打。山本泰寛選手の素晴らしい打撃とお話のあれこれは1面の原稿をたっぷりとお読みください。

 私も読みます。実は山本選手のことをまだよく知りません。知っているのは、奥さんがMBSの人気番組「痛快! 明石家電視台」(月曜深夜11・56)でアシスタントを務めていた美人アナ、辻沙穂里さん(昨年10月に番組は卒業)だということくらいです。

 実は、試合前の京セラドームの記者席は別の“移籍選手”の話題で持ち切りでした。

 「スタメンです。しかも5番」

 新旧の中日担当が声をそろえました。まずは現担当の須藤佳裕です。

 「拍手がすごいです。元気ですよ。打撃練習でも5階席まで運んでます。技術はもちろんですが、元気という表現が失礼なくらいパワーも健在です。まだヒットは出ていません(試合前時点で5打数無安打2四球)が、キャンプでインタビューさせてもらったときも『(代打の)1打席でつくるのは難しい』と言っていました。4打席なら、福留さんは打つと思います」

 2017~19年に中日担当だった三木建次もうなずいていました。

 「この先発起用はいいタイミングやと思う。青柳はゴロを打たせる投手。低めに下手からの独特の球筋で強い変化球を集めるから、若い選手は打球を引っ張り上げることができん。福留はそれができる。配球を読んで打つタイプやから、青柳がコントロールがいいところも合う。俺も、福留が、なんかやりそうな気がする」

【続きを読む】