2021.4.3 19:57

楽天本拠地、午後8時まで まん延防止で宮城県が要請

楽天本拠地、午後8時まで まん延防止で宮城県が要請

 宮城県は3日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、5日からの「まん延防止等重点措置」の適用に合わせ、仙台市内の運動施設にも営業時間短縮を要請することを決めた。プロ野球楽天の本拠地「楽天生命パーク宮城」(仙台市)も含まれる。映画館や図書館なども対象。午後8時までとする。任意の依頼で、協力金は出ない。

 9日には同球場で午後6時開始の試合が予定されている。県は楽天側と対応を協議する見通し。会議では、重点措置の対象地域を仙台市とすることも正式に決めた。

 県は既に、市内の酒類を提供する店などを対象に午後9時までの時短を要請しているが、重点措置の適用で対象は市内全ての飲食店約1万店に広がり、午後8時までに繰り上げて要請する。

 楽天は同球場での上限を現在は1万5600人としている。今後、入場者数を制限したりナイトゲームの開催時間を通常の午後6時より前倒ししたりするなど、対応が求められそうだ。球団創設時からのファンという仙台市の60代女性は「試合日程を変更するにしても簡単ではない。球団は大変だろう」と話した。