2021.4.1 19:27

東海大相模2年生・深谷、攻守で躍動/センバツ

東海大相模2年生・深谷、攻守で躍動/センバツ

特集:
センバツ高校野球
サヨナラで優勝を決めた東海大相模ナイン=甲子園球場(撮影・中島信生)

サヨナラで優勝を決めた東海大相模ナイン=甲子園球場(撮影・中島信生)【拡大】

 第93回選抜高等学校野球大会決勝(明豊2-3x東海大相模、1日、甲子園)東海大相模は大塚主将が急性胃腸炎のため、3試合連続で欠場。2年生の深谷が準々決勝から「8番・遊撃」を担い、優勝に貢献した。九回先頭で三塁手の意表をつくようなセーフティーバントを決めて出塁。最後にサヨナラのホームを踏むと雄たけびをあげた。

 守備でも躍動し、投手陣をもり立てた。門馬監督は「試合に出るものがレギュラー。同じように扱われるくらいにやってくれた」と目を細めた。

試合結果へ試合日程へ歴代優勝校へ