2021.4.1 22:27

広島・西川が阪神・大山と激しく交錯し負傷交代 蔦木トレーナー「(病院に)行く予定は今のところない」

広島・西川が阪神・大山と激しく交錯し負傷交代 蔦木トレーナー「(病院に)行く予定は今のところない」

8回 山本の送球が逸れ、激突する阪神・大山と広島・西川=マツダスタジアム(撮影・松永渉平)

8回 山本の送球が逸れ、激突する阪神・大山と広島・西川=マツダスタジアム(撮影・松永渉平)【拡大】

その他の写真(1/4枚)

 (セ・リーグ、阪神6-3広島、3回戦、1勝2敗、1日、マツダ)広島・西川龍馬外野手(26)が阪神・大山との交錯プレーで下半身を痛め負傷交代した。蔦木トレーナーは「(病院に)行く予定は今のところない。あした移動(ゲーム、DeNA3連戦、横浜)なので移動して状況をみての判断になると思うし、もしかすると、もしかするかもしれない」と説明した。

 アクシデントが起こったのは2-6の八回2死一、三塁だった。三ゴロで一塁へ走った際、山本の一塁送球が本塁側に逸れ、飛びながらベース手前で捕球した大山と激しく交錯。その場に倒れ込み、数分後、トレーナーに抱えられ、ダッグアウトに下がった。

 昨年11月に右足首の手術を受けた西川は今季は3月26日の中日との開幕戦(マツダ)から3番で全6試合に出場。ここまで打率・318、1本塁打、2打点と存在感を発揮していた。

試合結果へプロ野球日程へ