2021.3.30 19:57

楽天・浅村、貫禄の1号「打てて良かった」

楽天・浅村、貫禄の1号「打てて良かった」

2回、本塁打を放つ楽天・浅村=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)

2回、本塁打を放つ楽天・浅村=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)【拡大】

 (パ・リーグ、ロッテ-楽天、1回戦、30日、ゾゾマリン)楽天の浅村が0-0の二回、先頭打者で今季初本塁打を放った。完璧な立ち上がりを見せていた小島に対し、内角への145キロの速球を左中間席に運び「打てて良かった」といつものように淡々と振り返った。

 ロッテは昨季、球団別で最多の12本塁打をマークしているお得意様。1-0の六回2死一、二塁でも左前への適時打で追加点を挙げ、今季も初打席から天敵ぶりを見せつけた。

 石井新監督に開幕から4番を任されている。本塁打の打席は2ボールから変化球を2度続けて空振り。5球目のチェンジアップも体を前方へ泳がされてファウルになったが、続く懐を突いて来た勝負球にきっちり適応した。日本代表の主軸候補らしい、高度な読みと技術で生んだ一打だった。

試合結果へプロ野球日程へ