2021.3.25 21:16(1/2ページ)

中京大中京・畔柳12K完封 阪神・和田TA絶賛「小園と双璧」/センバツ

中京大中京・畔柳12K完封 阪神・和田TA絶賛「小園と双璧」/センバツ

9回、力投する中京大中京の畔柳亨丞=甲子園球場(彦野公太朗撮影)

9回、力投する中京大中京の畔柳亨丞=甲子園球場(彦野公太朗撮影)【拡大】

 第93回選抜高等学校野球大会第6日、1回戦1試合と2回戦2試合が行われた。中京大中京(愛知)は1回戦で初出場の専大松戸(千葉)に2-0で勝利。ドラフト候補の最速151キロ右腕、畔柳享丞投手(3年)が被安打6、12奪三振の力投で完封した。2回戦では天理(奈良)が高崎健康福祉大高崎(群馬)に4-0で快勝し、13年ぶりの8強入り。仙台育英(宮城)は神戸国際大付(兵庫)を13-5で下し、春夏の甲子園大会で通算50勝目。8年ぶりに準々決勝に進んだ。

 ◆「攻めの姿勢で」131球熱投

 速いというより強い。球を受ける捕手のミットの重たい音が球場に響き渡る。畔柳は最後の打者を外角直球で見逃し三振に斬って取ると、笑顔でマウンドを駆け下りた。

 「最初は力みがすごく、調子は良くなかったが、攻めの姿勢で投げた。三回からはしっかり自分の真っ直ぐが投げられた」

 雨が降る悪条件の中、立ち上がりから球が高く、二回2死から専大松戸・加藤に中越えの特大三塁打を打たれた。

 だが、真骨頂はここから。続く苅部の初球にこの日最速の147キロの直球を投げ込み、三振でピンチを切り抜けると、三回にかけて3者連続三振。尻上がりに調子を上げ、終わってみれば12奪三振。七回に櫛田のランニング本塁打で挙げた2点を守り抜き、6安打、2四死球、131球の完封劇で、チームを勝利に導いた。

【続きを読む】