2021.3.23 07:30(2/4ページ)

【サンケイスポーツ評論家パ順位予想】星野伸之氏、オリックスAクラスある!太田&紅林の若手二遊間コンビ楽しみ

【サンケイスポーツ評論家パ順位予想】

星野伸之氏、オリックスAクラスある!太田&紅林の若手二遊間コンビ楽しみ

星野氏が期待する太田(上)と紅林(下)の二遊間コンビ。オリックスのAクラスも十分にあると分析した

星野氏が期待する太田(上)と紅林(下)の二遊間コンビ。オリックスのAクラスも十分にあると分析した【拡大】

◆八木裕氏、タカとの相性いいロッテ面白い

 ソフトバンク1強ムードは覆しようがない感じがする。千賀、柳田という投打の柱が調整が遅れて、チームとしては決して万全ではない。ところが、投打の力が落ちたように映らないし、代わりの選手、新しい選手が次々と出てくる。層の厚さ、底力は驚くばかりだ。他の5球団がソフトバンクをどうやって引きずり落とすか。

 ロッテを2位に推したのは、ソフトバンクとの相性。井口監督が目指してきた野球が浸透してきているし、安田、藤原ら若い力が台頭している。直接対決で有利に戦えれば面白い。

 楽天は投手力、西武は打力を生かして、どうソフトバンクと戦うか。

 予想は5位にしたが、「ひょっとしたら」の可能性が一番高いのはオリックス。先発投手陣は山本、山岡、宮城らがそろい、打線も吉田正がいる。太田ら成長中の若い選手が中心になりそうなので順位は下げたが、彼らがシーズンの中で力を付けたら、一気に順位を上げる可能性も。来年以降を考えたら一番面白いチームかもしれない。

◆上田二朗氏、ソフトバンク日本一筆頭候補

 戦力の厚みでソフトバンクの1位は動かない。勝ち続ける中で選手の経験も豊富。ことしも日本一の筆頭候補だろう。

 ただ、2位との差は近年になく縮まっている。楽天の先発陣は脅威。田中将が復帰し、岸、涌井、則本昂、早川の先発陣にはソフトバンクも苦しむだろう。松井が適材適所の抑えに戻ったことでバランスも良くなった。ただ、浅村頼りの攻撃陣に不安は付きまとう。

 西武が相変わらず打線におんぶにだっこのチーム構成だ。打ち合いならソフトバンクを上回る力を秘めているが、先発の軸になる投手が不在で、いかに継投でしのぐか。

 ロッテも西武とよく似たチーム。攻撃力を前面に出していくしかない。ソフトバンクとの相性がいいので、戦い方次第では上位も狙える。

 オリックスは山本、山岡ら先発陣に力のある投手は多いが、昨年2桁勝利がいなかったように、柱が存在しない。吉田正を中心とする打線は破壊力はあるが、全体的に厳しいという印象はぬぐえない。

【続きを読む】