2021.3.6 17:01

阪神、ソフトバンクに連勝 大山&サンズ2者連続弾

阪神、ソフトバンクに連勝 大山&サンズ2者連続弾

特集:
大山悠輔
勝利し、阪神・大山(左から3人目)らナインとタッチを交わす矢野燿大監督(中央奥)=ペイペイドーム(撮影・門井聡)

勝利し、阪神・大山(左から3人目)らナインとタッチを交わす矢野燿大監督(中央奥)=ペイペイドーム(撮影・門井聡)【拡大】

 (オープン戦、ソフトバンク1-3阪神、6日、ペイペイドーム) 阪神は投打がかみ合い、ソフトバンクに3-1で連勝した。

 四回、4番の大山悠輔内野手(26)が今年の実戦初本塁打を放つと、続くジェリー・サンズ外野手(33)にもソロが飛び出し、2者連続弾で2点を先制した。

 先発の青柳は4回3安打無失点と好投。2番手のD2位・伊藤将(JR東日本)は、ソロ本塁打を浴びながらも3回1失点4三振とアピールし、ローテ入りへ一歩前進した。

 六回には途中出場の北條が適時打で追加点を挙げるなど2桁安打で4年連続日本一のチームを打ち崩し、快勝した。

試合結果へオープン戦日程へ順位表へ