2021.3.6 16:06

阪神・青柳がソフトバンク戦で4回零封 新人左腕のD2位・伊藤将も持ち味

阪神・青柳がソフトバンク戦で4回零封 新人左腕のD2位・伊藤将も持ち味

投球する先発の阪神・青柳=ペイペイドーム(撮影・村本聡)

投球する先発の阪神・青柳=ペイペイドーム(撮影・村本聡)【拡大】

 (オープン戦、ソフトバンク-阪神、6日、ペイペイドーム)阪神・青柳晃洋投手(27)がソフトバンク戦に先発し、今年最長の4回を投げて3安打無失点と好投した。

 三回に安打と四球で無死一、二塁のピンチを背負ったが、中村晃を直球で遊ゴロ、4番・長谷川を外角のツーシームで投ゴロ併殺に仕留めて無失点で乗り切った。

 五回からは、2番手でドラフト2位の伊藤将司投手(24)=JR東日本=が登板。六回に1死から真砂に甘く入った変化球を右中間席へ運ばれてソロ本塁打を許したが、中村晃から見逃し三振を奪うなど持ち味を発揮した。

試合結果へオープン戦日程へ順位表へ