2021.3.6 16:23

ロッテ・二木、初の開幕投手に決定「光栄な気持ち」

ロッテ・二木、初の開幕投手に決定「光栄な気持ち」

先発のロッテ・二木=ZOZOマリンスタジアム(撮影・加藤圭祐)

先発のロッテ・二木=ZOZOマリンスタジアム(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 (ロッテ4-0西武、オープン戦、6日、ZOZOマリン)ロッテ・二木康太投手(25)が、8年目で初の開幕投手に決定した。試合後に井口監督が明言した。

 「すごくうれしい。光栄な気持ちです」

 石垣島キャンプの第2クールの時点で指名された右腕は、大役に胸を躍らせた。26日の開幕戦では昨年の日本一、ソフトバンク(ペイペイドーム)と対戦する。「勝たないといけないチーム。ソフトバンクに勝たないと優勝できないと思う。いい投球してチームに貢献したい」と好投を誓った。

 井口監督は昨季、チームで美馬に次ぐ9勝(3敗)をマークした二木について「(昨季から背番号)18番を背負って、いい成績をだしてくれたし、そろそろ一本立ちしてほしいという思いを含めて。二木がローテを引っ張っていかなくてはいけない。石川、美馬がいますけど、(二木に)開幕いってもらいます」と大きな期待を寄せた。

 この日の西武戦では先発した二木が3回4安打、無失点。2番手の美馬は3回で走者を一人もださずに4三振を奪う好投を披露しており、開幕1、2戦目について井口監督は「あの2人でしょうね」と語った。