2021.3.3 21:03

巨人・広岡「力が入りすぎた」古巣相手に2三振デビュー

巨人・広岡「力が入りすぎた」古巣相手に2三振デビュー

試合前、原辰徳監督(左)とタッチを交わす巨人・広岡=東京ドーム(撮影・福島範和)

試合前、原辰徳監督(左)とタッチを交わす巨人・広岡=東京ドーム(撮影・福島範和)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 (オープン戦、巨人1-6ヤクルト、3日、東京D)ヤクルトから1日に交換トレードで巨人に移籍した広岡大志内野手(23)が3日、1軍に合流し、古巣・ヤクルトとのオープン戦で移籍後初出場を果たした。背番号32のユニホームを着用し、六回から代打で出場して遊撃の守備にも就いたが、2打数無安打、2三振。「力が入りすぎた。明日からしっかりと自分のスイングをしてアピールしたい」と誓った。

 主力の岡本は奈良・智弁学園高時代の1学年先輩にあたり「身長が伸びたな」と声を掛けられたという。昨季も対戦していたため、これは岡本流のジョーク。広岡は「自分では分からないです…と言いました」と笑った。

 通算21発とパワーが持ち味。この日の試合前に練習でサインプレーなどを確認させた原監督は「とにかく大きく育つんだよ」と言葉を掛けたことを明かし「明日から落ち着いてプレーできるでしょう」と期待した。

試合結果へオープン戦日程へ順位表へ