2021.3.1 20:14

状態は「ゴミ」日本ハム・中田 缶詰めキャンプに「ストレスたまった」

状態は「ゴミ」日本ハム・中田 缶詰めキャンプに「ストレスたまった」

練習試合が雨で中止になり、室内練習場で練習を行った日本ハム・中田=タピックスタジアム名護(代表撮影)

練習試合が雨で中止になり、室内練習場で練習を行った日本ハム・中田=タピックスタジアム名護(代表撮影)【拡大】

 日本ハムは1日、沖縄・名護でのキャンプ打ち上げた。中田翔内野手(31)は自身の状態を「あまり良くない。ゴミですね」と説明。その主な要因としてコロナ渦でのキャンプで、外出できずにストレス発散できなかったことを挙げた。

 「みんなきれいごとを言うと思いますけど、僕は素直に、そこに関しては本当にストレスがたまった」

 沖縄県は1日に県独自の緊急事態宣言を解除。しかしキャンプ期間中、選手らには外出自粛要請が出され、主に球場と宿舎の行き来のみで、息抜きは散歩程度。ホテルに缶詰め状態だった。

 ■「メンタルが落ちている分、打撃が駄目」

 昨季は自己最多の31本塁打を放ち、108打点で4年ぶりに打点王のタイトルを獲得。だが本来のリズムを狂わされた主砲は「それでちょっとメンタルが落ちている分、打撃が駄目なのかなと思いたい。というか、80%の確率でそれだと思う」と分析した。

 チームはこの日、沖縄を離れ、中田は自主トレ期間を含めると約3カ月ぶりに札幌に戻って家族と再会。「(久しぶりに)子供たちにも会える」と心待ちにしていた。(石井孝尚)

キャンプ日程へ