2021.2.26 18:41

中日・京田、打撃で悩むキャンプ 立浪氏の熱血指導も

中日・京田、打撃で悩むキャンプ 立浪氏の熱血指導も

打撃練習する中日・京田=北谷

打撃練習する中日・京田=北谷【拡大】

 中日春季キャンプ(26日、沖縄・北谷)課題の打撃で悩みに悩んだキャンプとなった。中日の京田は26日、沖縄県北谷町でのキャンプを締めくくった。臨時コーチを務めたOBの立浪和義氏から熱血指導も受け「貴重な時間だった。たくさん教えていただいたので何とか自分のものにできるようにしていきたい」と決意を込めた。

 広い守備範囲を誇る不動の正遊撃手も、打撃は1年目に記録した打率2割6分4厘が自己最高と苦しんでいる。立浪氏から「もう引き出しがない」と言われるほど多くの助言をもらい、構えやバットの出し方を試行錯誤した。

 序盤から「めちゃくちゃきつい。第1クールでこんなに体がきついのは初めて」というほどバットを振り込んだ。フォームの完成度は「10段階で2か3ぐらい」と言い、打撃はまだ成長途上だ。

 大島、高橋周ら好打者がそろう中日で京田が開花すれば、打線に厚みが増す。「いろいろなことをやっているキャンプで不安ですけど、シーズンでどうなるか楽しみでもある」。5年目の今季、攻守でチームを支える存在になれるか。

キャンプ日程へ