2021.2.24 07:30

【星野伸之 緩急自在】安定感抜群の阪神・秋山、文句付けようがない

【星野伸之 緩急自在】

安定感抜群の阪神・秋山、文句付けようがない

阪神先発の秋山=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・松永渉平)

阪神先発の秋山=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・松永渉平)【拡大】

 (練習試合、阪神1-4DeNA、23日、宜野座)前日に実戦登板に備えた西勇のブルペンを見ていただけに、直後の離脱にはビックリだ。長引かないことを祈りたい。不安は大きいが、DeNA戦に先発した秋山の投球は、その不安をかなり軽減させてくれる、安定感抜群の投球だった。

 ブルペンではずっと素晴らしい内容を見せていたが、そのブルペンの力をそのまま試合に出していた。これを常にできることがローテの軸になる投手の条件。球威はさほどなくても、キッチリ制球できて、打たせて取る。ゴロアウトが基本の投手だが、スピンが効いているから飛球になってもすべて凡打。文句の付けようがなかった。

 望むのは「継続」。変える必要もないし、変えてはいけない。今の投球を維持して、開幕を迎えてもらいたい。昨年(11勝)以上の成績は、普通に投げればついてくる。

 秋山だけでなく、青柳、藤浪が思っていた以上に順調。西勇がどの程度の離脱になるか分からないが、他の主力にプラスアルファが多く望めるのは、現状では明るい材料だ。(本紙専属評論家)

キャンプ日程へ